なかなか男女の出会いがない時代である現代社会。そこで注目されているのが「出会いアプリ」ですね。スマートフォンを利用している方々が多くなり、アプリは一般的なツールとなっています。気軽に使えるのですが、男女の出会いとなると失敗することも多く不安です。騙されないようにしましょう!このサイトでは【出会いアプリを選ぶために、知っておきたい基本の「き」】について詳しく解説します。

出会いアプリを選ぶ場合に知っておきたい大切な2つの特徴とは?

1番目は「自分の希望にあったアプリを使うこと」です。
例えば、遊びを目的としてワンナイトラブを相手してもらう異性を探している目的のアプリは、真剣交際を求めている恋人探し目的の人には合いません。利用目的が違ってしまうと満足度は低くなるわけです。

2番目は「しばらく使わないと実態がわからないアプリもあること」です。
最近はデザイン面でも優秀なアプリが増えています。見かけではなかなか判断できません。アプリの実態を知るには1か月ほど使わないと中身が見えてきません。

(1)アクションしても全く反応がない(2)返事がきても業者みたいな人ばかり(3)マッチングしたあとが続かない……などです。

サクラや業者を見抜く秘訣を知っておけば時間を無駄にすることもありません。

無駄な時間を費やす事だけでなく、いろいろな危険から身を守ることができます。しばらく使っていると「なんだか業者の雰囲気がするな」などとピンときます。
しかし、その業者のタイプまで見分けることはできないでしょう。実際に出会いアプリで悪事を働くタイプには特徴があります。それぞれのタイプをピックアップして、その特徴をご紹介しますので、これは貴重な情報になります。

援デリ業者

アプリの中でも無料で使えるものがありますが、そこで大量に出没するのが「援デリ業者」です。お金を稼ぎたい女性に出会いを斡旋する業者のことで、活動の拠点となっているのが出会いアプリです。

このタイプの傾向は(1)セクシャルなアピールが強いこと(2)女性の方が積極的にアプローチすること(3)写真は美人系が多いが大抵はネットで拾ったもの(4)デートの話になると信用できるかどうかという名目で2万円ほどの金額を要求してくることです。

男性はなんとかして出会いを求めたいのです。舞い上がってしまうかもしれませんが、当日やってくるのは別人になります。援デリ業者は、プロフィール写真だけ別人ではなく、メッセージをしている人物・当日やってくる人物……すべて別人の分業体制になっているケースが多いです。悪質業者/悪徳業者な場合が多く、(1)美人局(2)盗難(3)性感染症(STD)などのリスクもあるので注意したいですね。

アドレスやアカウントなど個人情報を収集する業者

出会いアプリのみならず、真剣交際を希望するようなタイプのマッチング系アプリや普通のネットショッピングアプリにも出没するのが、このタイプの業者です。メッセージにメルアドを掲載しておいたり、プロフィールにLINEのアカウントを交換するようにしたりして迫ってきます。釣られて連絡してくる人物のアカウントのデータを盗み取り収集することを目的にしています。

こういった情報は高額に売れるのです。このような手口/手段に引っかかってしまいやすい特徴を持つ人物の情報はとっても魅力があるわけです。カモリストとして高い相場で裏社会では高値で取引されています。

フィッシング詐欺・ワンクリック詐欺をする悪質業者/悪徳業者

このアプローチは引っかかったときに、パニックになって慌ててしまいがちですね。アプリにアクセスしていてメッセージのやりとりをしていると、次のような理由をつけて特定のリンクをクリックさせる方法で迫ってきます。

  1. サービス運営業者から、あなたはVIP会員として選出されました!
  2. 少し困っているから援助して欲しいとサイトに登録してもらうように依頼がある!
  3. 異性から、別のサイトでやりとりしませんか?と打診される

個人情報の入力を求められて、クレカの情報を抜き取ることもあります。リンクをクリックした瞬間に衝撃的な画面に遷移します。画面を見て慣れていない人はビックリします。
電話番号を入力した場合は、ショートメールを利用して、指定する口座に3日以内に振り込むようにメールが届く場合もあります。

このタイプの業者は、ビビってついついお金を払う人物をターゲットにしていますから、慌てないことです。ワンクリック詐欺の場合は、閲覧履歴も完全に消去しておいて、無視することが一番の方法です。
フィッシング詐欺の場合はクレジットカードや口座からお金を引きだされて気がつくことが多いです。

銀行口座からお金を引きだされた場合は銀行に連絡すればいいですし、クレジットカードを悪用された場合は、クレカ会社に連絡をすれば大丈夫です。
SNSのアカウントを乗っ取られたら、パスワードを変更すれば対処できます。あまりんも悪質な場合は、国民生活センター・消費者センターなど公的機関に相談するといいでしょう。

ネットワークビジネス勧誘

サイト登録やマルチ商法の勧誘に繋げる目的で迫ってきます。典型的なフレーズは(1)すごく儲かるビジネスがあるから一緒にやりませんか?(2)お小遣い稼ぎがしたいならば、美味しい話があるよ……こんな感じです。お金に困っていなくても、お金儲けの話は誰でも興味があるから注意しましょう。

入会登録をしてみてくださいと勧誘されることもありますが、これはフィッシング詐欺に誘導されている場合もあります。このタイプの業者は性的な印象は一切ないですね。「成功者になりたい」とか「お金持ち・セレブになりたい」などの気持ちにつけ込んできます。

プロフィール欄に注目しましょう。(1)自分の具体的な夢があるようなフレーズなのに具体的な夢が記載されていない(2)インターネットを使ったビジネスに関心がありませんか?というような文言が目立ちますね。

キャッシュバッカー

出会い系サイトが絶好超だった10年以上前に大量に出てきた存在がキャッシュバッカーです。昔の出会い系マッチングサイトが進化してきているような出会いアプリの場合は、メッセージを閲覧したい場合は5ポイント必要ですよ……というようなポイント課金制を採用している場合が多いですね。サクラを使うと問題がありますから、実際に女性を使って男性とのやりとりや写真の閲覧をして継続させるようにして、ポイントを消費させるのです。

キャッシュバッカーの特徴は、(1)できるだけやりとりを長引かせようとする(2)焦らし作戦が限界だと思ったら、具体的なデートの話に移る(3)デート当日にはドタキャンをして、もう一度やりとりを継続する(4)セクシャルな話題を持ち出して男性をその気にさせる……こんな雰囲気を感じたら注意しましょう。

出会い系マッチングサイトの運営会社がアルバイトや副業として募集していることも従来はありましたが、現在そんなことを堂々できません。今はインターネットですぐに悪事は拡散されるからです。現在はキャッシュバッカーを見ることは少なくなっています。

ユーザー人数を水増しする要員としてのサクラ

もともと、サクラは利用者数を多く見せるために会員を水増していたのです。前述したキャッシュバッカーもシビアに見たらサクラに入るでしょう。ですが、最近の出会いアプリでは、水増をするためのサクラは見ることが少なくなりました。何故ならば運営会社の信用がなくなるからです。

今は如何に信頼できる出会いアプリなのかが大事です。自演していてバレるのは、あまりにもリスクが多すぎます。例え課金させた場合でも、その人物を雇用する方が利益を圧迫してしまいます。そもそもサクラを募集する公告を出せば、それが拡散されて悪評になります。

こういった理由から水増要員のサクラはほとんどいません。実在する女性を装って登録したり活動したりする業者が入り込んでいても、運営会社は責任を負うことはありません。しかし、運営会社自身がサクラを雇っているのは大問題で発覚した場合のリスクはあまりにも大きいのです。

出会いアプリを使って効率的に合うにはどうすればいいの?

無料で使える出会いアプリはありますが、マッチングの可能性はほとんどありません。有料アプリを使うにしても、できるだけ費用かけないほうがいいでしょう。

まずは、「クレジット決済」をすることでしょう。どこかを経由して支払するとい決済代行の手数料が別にかかります。これも出会いアプリによって違いますが、1か月課金する場合に1000円ほど余分にかかる場合もあります。出会いアプリに、これから登録しようとするならば、クレジット決済一択です。

次に「出会いアプリは複数登録すること」です。出会いアプリで無料会員の場合はメッセージのやりとりはできません。しかし、マッチングまではできますね。これを利用して、複数の出会いアプリに登録してみましょう。もっともマッチング数が多いところに課金するようにしましょう。

一度に複数の出会いアプリに課金してしまうとお金がかかりすぎます。月毎に一番マッチング数が多い出会いアプリに課金して使い分けるのもありでしょう。注意しなければならないのは、マッチングしたあとに時間が経過しすぎるとメッセージが返ってこない場合もあります。できるだけ早いタイミングで見極めるようにしてください。この子は勝負だな……そんなインスピレーションを感じたら3日以内に課金してメッセージしましょう!

次に「プロフィールを充実させて一歩リードすること」です。
課金してもマッチングしなければ、出会いアプリでもコストパフォーマンスが悪くなります。効率的にマッチングするならばプロフィール写真にもこだわりたいし、プロフィールにもこだわりたいです。ここで手を抜くと失敗します。人気の出会いアプリの場合は100万人以上の男性が登録しているのです。

男女構成比も男性のほうが多いですね。一般的には男性7割・女性3割だと考えましょう。ライバルはとっても多いですし、出会いの倍率はとっても高くなっています。ライバルではなくて、あなたを選んでいただき、メッセージのやりとりを続けるには、いろいろな工夫をするべきです。

プロフィールには相当時間をかけて印象をよくしましょう。写真もプロのカメラマンや写真館で撮影してもらったほうがいいです。こういった工夫をするかしないか……大部分の男性は知識として持っていても、やりません。あなたはどうしますか?いつやるんですか?今でしょう!

プロフィール写真をどうするのか?

好感度の高い写真を選ぶといいでしょう。女性が好む要素は次のようなものです。「笑顔がステキな写真」「ペットと一緒に遊んでいる写真」「スポーツをしている写真」「旅行先で楽しんでいる写真」「仕事中のキリッとした表情の写真」「スーツ姿や仕事のユニフォームの写真」などです。パソコンを叩いている写真とか電話に出ている写真は意外とキマルのです。特にペットと一緒の写真の破壊力は凄いですね。好感度はとっても高くなります。

写真を選ぶ場合は自撮りのものではなくて、他人に撮影してもらった写真のほうがいいです。自撮りの写真はすぐにわかるし、どこかナルシストのテイストがありますから、マイナスのイメージです。画質もできるだけ高画質で撮影することが大事です。

表情も格好をつけすぎるのはNG!できるだけ自然の表情を意識しましょう。下手に写真慣れをしていると遊び人みたいに思われます。少々はにかんでいるほうが女子受けはいいです。出会いアプリによっては、本人以外の写真を掲載して訴求できる場合もあります。

これも手抜きをしないでください。自己ピーアールのチャンスですから。優しい人柄をアピールできるのは飼っているペットの写真です。友達と映っている写真は明るい人柄を訴求できます。筋肉に自信あるならばスポーツジムでトレーニングしているシーンの写真もありです。高級車を持っているならば、その写真もいいでしょう。プラスに働く写真はどんどんと掲載するべきでしょう。

出会いアプリで、どういった人物になればモテるの?

プロフィールならば、それを読んでもらって信頼してもらえるかどうかです。真剣に交際相手を探している雰囲気を出せているかどうか確認しましょう。そして変な人間性でなくて、社会的なステイタスもしっかりしているかどうかです。

あとは「いいね!」ボタンをたくさんもらっているかどうかですね。「いいね!」をたくさんもらっているのは、多くの人物が認めている証でもありますし、人気会員として一覧の上位に表示される場合もあります。露出度が高まるとマッチング確率も増えます。

「いいね!」をもらうためのテクニックとは?

1番目は「たくさんのコミュニティに入ること」です。
異性がコミュニティをきっかけにしてあなたの存在を見つけてくれるからです。コミュニティで共通の話題がありますから、親しくなりやすいです。無理をすることはありませんが、関心があるコミュニティには積極的に入りましょう。

2番目は「ログイン回数を増やすこと」です。
出会いアプリはログインしたユーザーを上位に表示させる特徴があります。少しでも暇な時間があれば、面倒臭いと思わずにログインする癖をつけましょう。

3番目は「深夜にログインすること」です。
深夜の時間帯はログインしている会員が少ないのです。異性のアプリに出てくるライバル達も少ないです。だから「いいね!」を押してもらえる確率がアップするわけです。

4番目は「たくさんの異性に足跡を残すこと」です。
足跡を残すことは、異性が自分のプロフィールをチェックしてもらえることに繋がります。結果的に「いいね!」を押してもらえる可能性が増えます。

出会いアプリで、騙されないように、これだけは注意して欲しいアドバイス(まとめ)

1番目は「甘い話やセクシーな写真や文章をプロフィールに書いている異性に注意すること」です。
信頼できる出会いアプリであっても多少のサクラや業者はいます。こういった人物を見抜けることは大事。少なくなってきましたが、悪質な出会いアプリに誘導しようとしたり、裏風俗や援助交際デリバリーヘルスに誘導したりしようとする罠がまっています。

胸の谷間を出している写真ではないでしょうか。エッチさせてくれてお金を払いたいような逆援助とか、身体だけの関係を希望する……こういった異性は現実世界にもいませんから、出会いアプリにもいませんね。

2番目は「他のサイトに誘導してくる異性に注意すること」です。
メッセージ交換やLINE IDを交換したあと、「この出会いアプリは退会するから別のサイトに登録してね」の類いのフレーズがでてきたら、間違いなくサクラです。ある程度親しくなってきてから、URLを連絡してくる場合もあります。こんな相手に遭遇したら「ブロック」するようにしてください。

3番目は「ネットワークビジネスをやっている人物に注意すること」です。
勧誘しそうな気配があるかどうか気にしておきましょう。マルチ商法や情報商材を販売している会員もいると思っておいたほうがいいです。会員ですから運営会社も注意できないわけです。

LINE ID交換をしたあとは、直接のメッセージになります。マルチに誘ってくることもありますから運営会社も判断できません。こういった人達はプロフィールに特徴的な言葉が記載されています。

「恋人を求めているわけではありません」とか「恋愛目的ではありません」などです。職業欄は「フリーランス」とか「健康関係や美容関係の仕事」や「個人事業主」です。人脈を目的にしていたり、自分が理想としているライフスタイルをアピールしたりしている場合は注意しましょう。

LINE ID交換をしたあとには、本名を聞きましょう。そしてFacebookの内容とかLINEの投稿を見てみましょう。派手な集合写真がある場合はインターネット系のビジネスに手を染めている可能性が高いです。そもそも、派手な人間関係を楽しんでいるならば、出会いアプリを使う必要もありません。辻褄があわず怪しい人物だと判断できます。本名を言わなかったりSNSサイトなども教えてくれない人はプライバシーをあきらかにしないので要注意人物だと考えられます。

いかがでしたでしょうか?

出会いアプリを選ぶために、知っておきたい基本の「き」をご紹介してまいりました。このサイトでは、皆さまにお役立ていただきたい情報・記事をその都度、ご紹介してゆきますので、ステキな出会いを求めるチャンスをモノにしてください。失敗しないように、出会いアプリにアクセスしてくる要注意人物の特徴なども覚えておいてください。

投稿日:

Copyright© 出会いアプリ50個でわかった!今おすすめの出会える出会い系アプリ , 2018 All Rights Reserved.